FC2ブログ
広告掲載・料金

効果抜群!   独占広告!    あなただけの広告を掲載!!
広告・申し込みはコチラ→ → 

独占広告
1回 700円 2回 1300円 3回 1800円
4回 2200円 5回 2500円
ブログTOP広告
1ヶ月 500円 2ヶ月 800円 3ヶ月 1000円
発行部数


現在の購読者数
バックナンバー表示
購読開始・購読解除はこちらから



購読開始・購読解除

麦ふみ倶楽部検索データベース 麦ふみ倶楽部ビジネス掲示板 最新情報・最新ニュース
タイアップ広告のご案内・・ビジネス専門誌10万部UPへ超特価掲載中!!
広告種類広告回数広告料金配信マガジンBN発行部数
※BN=バックナンバー
タイアップ独占広告1 回1,200円 ・ 麦ふみ倶楽部
2 回2,000円  ・ 【稼げる21NET!】
3 回3,500円 ・ THE 独占!
5 回4,500円 ・ 『e-biz 通信!』
※上記、全マガジンで配信します。
一般のリードメールは、お小遣い獲得目的が多く、ほとんど読まれずに広告費が消費され、思うような広告効果は得られません。
当グループのビジネス専門マガジンは、ビジネスをお探しの購読者がメインですので、広告効果が高く個別反応は良くなります。
タイアップクリック保証50回2,000円タイアップポイントメール50ポイント2,000円
100回3,000円100ポイント3,000円
150回4,000円150ポイント4,000円
タイアップ広告・お申込みはこちら ⇒
さあ今日も一日、元気にがんばるぞ!
ネットビジネスで成功するには、・・・「欺さない事!」・・・「行動する事!」・・・「継続する事!」

麦ふみ倶楽部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦ふみ倶楽部

広告のあれこれ


広告の件名について

件名=タイトルは、重要なのでよく考えましょう

 ありきたりの件名では、毎日何百と配信される中に埋もれてしまい、

 直ぐにゴミ箱へ直行し削除されてしまいます。

 記号などを使いとにかく目立たせ、タイトルも直接的なよりも、

 「オヤッ?何だろう!」と思わせるタイトルのほうが効果的です。

 直接的な実績の無い誇大タイトルは、もう見慣れ飽きられています。

 「また、しょうも無い広告かよ」と直感で判断されてしまいます。、

 これもクリックされずにゴミ箱行きです。

 だからと言って間接的・抽象的過ぎでは、

 何の広告なのか判断ができないようなタイトルでは、

 意味がありませんのでさじ加減が必要です。

 一時期、タイトルの頭に≪速報≫≪緊急≫等を入れ目立たせていましたが、

 今では使い古されて、効果が薄くなっているようです。


考えると難しいですね。

皆さん頭を痛めて下さい!!!!良いのを考えて!!


ちょっとした広告文を作成するときのヒントです!!


リズムと勢いのある文章は訪問者の注目を集めます。

ただし、国語の教科書で良い文体とされている七五調では落ち着きすぎて
訴求力が弱くなる傾向があります。

インターネットにおけるキャッチコピーには、
平文よりも呼びかけ口調、疑問文、体言止めでリズムを工夫した方が
効果があるようです。





広告配信の時間帯について


パソコンを見ている時間帯は、18時から25時の間で21時前後が
だいたいピークとされ、その時間帯に広告配信を
すると良いと一般的に言われています


しかし、世の中にはいろんな仕事があり、いろんな人がいます。
日中に寝て真夜中に仕事をする人もいれば、真夜中にパソコンを見る人。
朝起きて仕事に行く前に、パソコンに向かう人も多くいます。


 21時前後に見ている人たちが、日中や真夜中に広告が配信されたものを、
見ないと言う訳ではないのです。


見ている時間帯に関係なく、溜まったメルマガを削除するために、
1日に一度は必ず見ますので、その時に貴方のメルマガ広告が、
目に止まるように件名を工夫しておけば良いのです。


 広告が21時前後のピーク時間帯に殺到すると、
見ることに疎かになることも考えられます。


 だったらピーク時間帯を外し、配信数が少ない時間帯を
狙う事で目に止まりやすいし、気になる広告はじっくり見て貰う確率が
上がると言うことも考えられます。


 けっこう真夜中にパソコンに向かっている人も居ます。
午前2時~6時に広告を依頼されてくる方も居ます。


01時~06時
 ネットビジネスを本業にしているユーザーは、昼夜が逆転して活動を
しています。この時間帯は他社の配信数もかなり少ないので、
アピール度は高くお勧めです。


07時~08時
 一般の会社員でサイドビジネスをしている人は、この時間にメールを
チェックしてから出勤する方が多く見られます。


09時~12時
 圧倒的に主婦が多く、主婦狙いやその日の内に、入金を狙うならこの時間帯。
 

12時~13時
 昼休み会社員向け。ネット環境の整備されている環境の会社でコッソリ
見たり、または自分のPCで昼休みにメルマガを購読している方は大勢います。


14時~16時
 主婦と昼夜が逆転しているサイドビジネスユーザや、
意外と学生からのアクセスも多いです。


17時~18時
 主婦の方は家族の帰宅に合わせ、
夕食の買出しや準備のためにパソコンから離れる時間帯。
 昼夜逆転している方や、ネットビジネスを本業にしている方の、
パソコンに向かう時間帯。


18時~20時
 激戦の時間帯、配信スタンドもこの時間は、かなりの予約で埋まり配信遅延
 が起こりやすい時間帯に突入。
パソコンに向かっている人は、それほど多くない。
 

21時~23時
 自分の時間が作れる頃で、普段外で仕事をしている方がパソコンに向かい、
溜まったメルマガをチェック。
スパムメール等も多くあることで、見ることに疎かになる可能性あり。
 この時間帯の配信予約は一考を要する。


23時~01時
 就寝時間が近づくが、完全な自分だけの時間帯でもある。
広告を出したいと考えている方は、広告文作成に集中できる。
そして多くの副業ユーザが明日の仕事に備え、
その日の内に最終チェックをする。



これらも含めて 配信時間を指定されると良いでしょう。






広告をどこに依頼するかについて



「下手な鉄砲も数打ちゃ当る」と言う言葉がありますが、メルマガ広告の場合
これは当てはまらない。


あなたの広告のタイトルと広告文が当るかどうかわからなのに、
いきなり広告料金が1万円前後で○十万部と配信部数の多いところに出すのは
無謀すぎる。


 先ずは配信部数が少なくても3,000部以上、
理想は5,000~10,000部前後の所が、
料金もお手ごろ価格なので反応を見るのに適しています。


 それで反応が良ければ

配信部数を○十万部一括配信と誇っている所に配信依頼をするのであれば、
「数の論理」でより多くの反応を得ることができる。


 これが広告配信依頼をするときの、心得。


 但し、ここでは理由を言いいませんが、


○十万部と言う数字を鵜呑みにしない方が良いでしょう。


 配信部数の多いサイト全部とは言わないが、
表向きの数字は合っていても、これは配信 サイト側の戦略の場合が多い。

これ以上は、怒られます~~




広告の反応について


皆さんは、出した広告に全く反応が無いのを、
配信サイトや配信部数のせいだけにしてませんか?


それは、考え方が違うと思います。
それは自分で作ったタイトルや広告文に対して反応が無かった事への
言い訳をしているだけでは、ありませんか?


また、そう思っている間は、ビジネスに成功しないと思います。


 ビジネスの成功を願うのであれば、タイトルや広告文に問題がある
と考えたほうが、遥かに建設的で成功する確率がグーンと上がる。


 広告を受け取る側から見れば、
「A配信サイトは○十万部で、部数が多いので読んでみる」
「B配信サイトは○千部と少ないので読まない」
と決め付けているわけでは無いとおもいます。


広告を依頼した本人が作った広告文が、
配信サイトによって変更されることもありません。


配信されてしまったものに対して、

どこから配信されたか等と気にする人は、誰一人居ないでしょう。
どこから配信されて居ようと、気になったタイトルや本文だったら読むし、
気にならないタイトルやツマラナイ内容であれば、削除されるだけです。


あなたは無料投稿して、1・2誌のメルマガ購読をしていると思います。
その他に未承諾広告やスパムメールなども含めると、
1日にそれ相当のメルマガが配信されてくると思います。


配信されるたびにあなたは、配信サイトを気にしていますか、
広告を出すために、配信サイトを探している時や、
何か理由がある時以外は、別に気にしていないと思いますが、どうですか・・・。


 よって「何処から配信されたか」では無く、「何を配信したか」が大事です。


読者は、配信された広告の何を見て反応するのかと言うと、

先ずはタイトルで次に広告本文です。
広告を出すことだけに精一杯で、安易なタイトルをつけたり、
本文を書いていないかを、広告を出す前に見直すことが大事です。


広告を出すたびに安定した反応があって
黒字運営させるには先ずタイトルで引き付け、本文を読んでもらい、
ホームページへ誘導するのです。 


先ず、配信サイトの購読者数ができれば5,000部から10,000部の所で
タイトルと広告文に反応の有無を確認することが重要になります。


その反応によって20000部30000部の大きなメルマガへ広告を
依頼するか、広告そのものを作り直すか、決めるべきです。


 本を書いている方達は、
「売れる・売れない」はタイトル次第と言い切るほどに、
タイトルを考える事は大事な作業なのです。


作家と編集者はタイトルを決めるのに、
半年もかけて練りに練ってようやく決めると聞きます。

ホームページもメルマガも同様です。
見る人にタイトルでどれだけインパクトを、与えられるかが重要な鍵となります
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mugihumi.blog20.fc2.com/tb.php/39-3b7efb67
リンク
最新の記事
貴方のHPのアクセスアップに!

召集令状赤紙

◇◆◇◆アップtoアップ◇◆◇◆


BeGood

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
♪おっ買い物♪♪
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

Appendix


下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。